ホームへ戻る 卸売市場のご紹介 市場って何?(小・中学生向け) 大将の役立ちレポート 旬の食材で簡単レシピ
とよたの地産地食 市場の利用者様へ 市場カレンダー 場長の日記 アクセスマップ
れたすん
探したいレポートのキーワードを入力して検索ボタンを押してください。
旨い魚=新三嶋寿司!そう思ってもらえる店が目標
自慢の揚げたてあつあつメンチカツ! 愛情たっぷりお肉&お惣菜店
季節の味覚を楽しむ「松茸ランチ」スタート!
笑顔と「ありがとう」の声があふれる店づくり
おいしくて安全な食卓を守る、日本一の魚屋さん
地産地消で地元に貢献する、地域密着の食料品店
目指すのは「大きな店」ではなく、自らの腕と目が「行き届いた店」
幸せな毎日をお肉でサポート!美味しいお肉の若き伝道師
活魚は仕入れた日が勝負!祇園で鍛えた腕で素材と向き合う
「わがままが言えるお弁当」に滲み出る、地域への思いやり

 1 2 3 4 5 6  
 
[2014年10月18日]
 
対象商品
「わがままが言えるお弁当」に滲み出る、地域への思いやり
食料品から雑誌、衣料品まで揃う都築商店は、近所の人が気軽に立ち寄り、世間話をしながら買い物ができる気さくなお店です。以前は従業員を雇い、コンビニや惣菜屋など店舗を広げていた時期もあったそうですが、二代目大将の郁彦さんは「コンビニを経営していたときは違和感があった」と話します。「コンビニには対話がありません。利益だけを考えればコンビニの方がいいかもしれませんが、お客様のことを親身に考える隙がないんです」。そこで店舗を集約し、現在の形に落ち着いたのだとか。いっときは大型店舗に流れていたお客様も、使い勝手がよく気の置けないこの店に戻って来てくれているそうです。
そんな都築商店が新たに始めたのが、手づくり弁当の宅配事業。「大手の宅配弁当もありますが、うちのは“わがままが言えるお弁当”。胃もたれする日はおかずを変えたり、明日は何が食べたいか言ってもらうこともあります。顔を見て、調子が悪い時には気づいてあげられる。そんな風に、地域のお年寄りの役に立ちたいんです」。
実際、お米が重いときには家まで配達し、米びつに入れるところまで手伝う郁彦さん。いつもそこにいて、家族に言えない相談事も何となく話せてしまうような、不思議にあったかい存在。二代目が運営する商店は、高齢化が進むこれからの時代、地域にとってなくてはならない役割を担っているようです。
 

<前の記事次の記事>

店舗情報
店内には食料品やお惣菜のほか、新聞、雑誌、タバコ、お酒に衣料品まで、生活に必要な品物が一通り揃っています。二代目大将は顔見知りのお客様の体調に気遣い、時には常連さんを病院まで送迎することもある気さくな店長さん。地域に根付いた「おみせやさん」は、地域みんなの頼もしい味方です。  

 
店  名
都築商店
店  主
都築 郁彦
住  所
豊田市中根町西山146-5
電  話
0565-52-3191
ホームページ
 
Copyright 2007 toyota-oroshiuriishijou. All rights reserved.