ホームへ戻る 卸売市場のご紹介 市場って何?(小・中学生向け) 大将の役立ちレポート 旬の食材で簡単レシピ
とよたの地産地食 市場の利用者様へ 市場カレンダー 場長の日記 アクセスマップ
とまちゃん
 
 
[2015年2月16日]
ガッツリ旨い!男前ハンバーグ
by 湧川精肉店さんのおすすめレシピ
材料:(大きめ3つ分)
【ハンバーグ】
豚ひき肉…60g
牛ひき肉…240g
タマネギ(細かめのみじん切り)…1/2個分(なくてもOK)
塩、コショウ…少々
ケチャップ…大さじ1
ウスターソース…大さじ1
ナツメグ(パウダー)…小さじ1〜2
味の素…少々
サラダオイル…フライパンの中で流れるぐらいの、少し多め

【ソース】
ケチャップ、ウスターソース…各大さじ3

【付け合わせ】
レタスや粉ふきいもなど、お好みで
 
   
ひき肉をボールに入れ、手でこねるように混ぜながら他のハンバーグの材料を加え、さらによくこねます。タマネギは生のままでOK。
 
3つに分け、手のひらに叩き付けるようにキャッチボールして空気を抜きます。割れ目から肉汁が逃げないよう、表面がなめらかになるようまとめます。
 
フライパンにサラダオイルを入れて中火で熱し、ハンバーグを投入。フライパンを傾け、側面もオイルで揚げ焼きするように焼きます。
         
   
1分半ほど焼き、焼き色がついたらひっくり返し、さらに1分半程焼きます。
 
火を中弱火に落とし、フタかアルミホイルをかぶせて1分ほど蒸し焼きにします。
竹串を刺し、透明な肉汁が出るようならOK。
 
肉汁の残ったフライパンにソースの材料を入れ、手早く混ぜ合わせます。焼き上がったハンバーグにソースをかければ出来上がり!
         
   
豚:牛の割合は2:8がベスト。お肉屋さんで買う場合は「脂を少し入れてね」と注文すると、肉汁ジューシーなハンバーグになります。
 
多めのオイルで側面を焼くことで、型くずれを防ぎ、肉汁も逃がしません。肉汁はハンバーグの生命線なのです!
 
肉汁に血の色があるようなら、レンジに入れ10〜15秒チンすればOK!焦がすことなく中まで火を通すことができます。
         
メモ(コツ、ポイント)
口の中にじゅわっと肉汁が広がる絶品ハンバーグです!

<前の記事次の記事>

 
Copyright 2007 toyota-oroshiuriishijou. All rights reserved.