ホームへ戻る 卸売市場のご紹介 市場って何?(小・中学生向け) 大将の役立ちレポート 旬の食材で簡単レシピ
とよたの地産地食 市場の利用者様へ 市場カレンダー 場長の日記 アクセスマップ
とまちゃん
 
 
[2015年1月8日]
牡蠣の陶板焼き
by 活魚料理野島さんのおすすめレシピ
材料:1人前
【牡蠣フライ】
牡蠣…3つ(市販の牡蠣フライでもOK)
フライ用の小麦粉、タマゴ、パン粉…適量

【味噌だれ】
赤味噌(あれば八丁味噌)…大さじ1と1/2
みりん、酒…各大さじ1
砂糖…大さじ1程度(お好みの分量で)
お出汁…大さじ3〜4
すりごま…大さじ1〜2

【つけあわせ】
キャペツなど…お好みで
 
   
お出汁、赤味噌、砂糖、みりん、酒、すりゴマをよくまぜあわせ、陶板に敷きます。少し水っぽいぐらいがほどよいとろみ具合になります。
 
牡蠣に小麦粉を薄くまんべんなくつけます。小麦粉をつけるとき、牡蠣のひだの奥もつけ忘れがないよう注意します。
 
卵にくぐらせ、パン粉をつけ170〜180度の油でこんがりと揚げます。
         
   
1)の陶板を直火にかけ、グツグツと煮立たせます。
※写真では陶板の代わりに直径16cmのミニフライパンを使用。
 
ほどよくとろみが出たところで火からおろし、揚げたての牡蠣フライを置き、キャベツ盛り合わせます。
 
キャベツと味噌の絶妙なマッチング、そしてジューシーな牡蠣のうまみが堪能できる一品です。
         
   
味噌をあわせるときにすりゴマを入れると、格段に香りがよくなります。入れ過ぎかな、と思うぐらい入れて大丈夫です。
 
小麦粉は、牡蠣の旨味を閉じ込めるコーティング。つけ忘れがあるとそこから旨味が抜け、さらに油も汚れてしまいます。タマゴにほんの少し小麦粉を混ぜ、コーティングを強化する裏技も効果的です。
 
グラタン皿に味噌だれを敷いて市販の牡蠣フライを置き、オーブンで焼いてもOK。お手軽です!
         
メモ(コツ、ポイント)
買ってきた牡蠣フライが残ってしまったときにも使える、存在感のあるメニューです。はふはふしながら食べてください♪

<前の記事次の記事>

 
Copyright 2007 toyota-oroshiuriishijou. All rights reserved.